父を尊敬する娘はしばしば、父のようになろうとするのではなく…父と娘の関係のひとつの普遍的な姿 梯久美子が『星落ちて、なお』(澤田瞳子 著)を読む

0
11




『星落ちて、なお』(澤田 瞳子) 肉親の愛憎の複雑さと芸術の残酷さ。それらを余すところなく描いて心を揺さぶる、娘と父の物語である。 父は、幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎(かわなべきょうさい)。花…



Source link

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here